女性のつどい2007inきたみ

活動内容
AWN、女性のつどいin北見に参加ロールプレイのワークショップを行う
日時:2007年10月27日(土)13:30~16:30
開催場所:北見市市民会館 小ホール
テーマ:女性のつどいin北見
「心豊かに生きるために」

~集おう、語ろう、広げよう女性の輪~
台本:
①「お父さんの地域デビュー」
②「らしさって・・・」
③「梅さんが成年後見をうけるまで」
当日AWN出席者:5人。
主催者側の入念な準備のお陰で非常にスムーズ且つ時間通りに会は進んだ。会場に着くと、Nさん達主催者等の暖かい微笑みに迎えられた。会場はフローアーに台を置く形のステージで観客とロールプレイ参加者との距離も近い。レインボーカラーで書かれたワークショプのテーマである「男女共同参画」の文字がステージ背景に飾られている。awnが用意したパワーポイントのスライドがステージ斜め横のスクリーンに映し出される。
主催は北見市教育委員会と市内の4団体で校正している実行委員会です。
T代表が、ロールプレイワークショップの前後に、ロールプレイがジェンダーの視点を提供するのに有意義且つ有効である事、また、今回取り上げた問題について、解説とまとめの形で講演した。
参加者は100名程度であったが、男性の参加者も少なからずいて、ワークショップにも積極的に参加、熱演して頂き、会場も沸いた。
参加者の感想や、会場から、台本の内容に多くの共感を頂いたが、シナリオとしての改善課題も頂いた。交流会は、北見地ビールのオホーツクビールで主催者側と行われた。北見市のこの集いも年々主催団体の数が少なくなっているという問題を抱えているらしい。
北海道新聞、地元紙の経済の伝書鳩により記事が報道された。