P・P(パンツ・プロジェクト)報告

活動内容

▼ Active Women’s Network ニュース/あうんニュース
2000.5.10 no.1

直接渡してきました。
P・P(パンツ・プロジェクト)報告


噴火から一ヶ月あまり経った5月6日、私た ちは車にパンツをいっぱい積んで、
伊達市内の3つの避難センターに行ってきました。
避難している方がたに直接お渡しできたことをまず報告します。
急な行動であったにもかかわらず、女性の立場に立った支援をしたいという
わたしたちの呼びかけに、二つ返事(あ・うんの呼吸?!)で
協力してくださった皆様、ありがとうございました。


だて歴史の杜カルチャーセンター会議室で。
相談しながら必要に応じて選んでもらう(写真)

現地に届けた数・・合計586枚
(購入414、現物による寄付172、この他男性と子どもの衣類数十点)

☆避難住民の方と話して

今回の訪問では、災害時の行動について考えさせられました。
自分たちが被災者になったときは、まず自治的な組織の立ち上げが
必要だということを教えられた気がします。
最初に行った歴史の杜カルチャーセンターでは、班ができています。
私たちが届けたパンツなどを、名簿を見ながらそれぞれの班の状況に応じて
手際よく分けあっていかれるのを見て、皆さんが自分の班メンバーの事情を把握しているからこそできることだと感心しました。

避難生活の長期化が予想される中で、
避難センターの女性たちにも疲れが目立ちます。
乳児がいる母親には託児サービスがほしい。また、することがなくて辛い人には、
趣味を楽しんだり軽い仕事をしたりしてすごす部屋があればと思います。

☆次回は、TBSプロジェクトです。

次回 は、避難センターで皆さんの希望を聞いた結果、
半袖Tシャツ・バスタオル・シーツを届けるTBSプロジェクトに決まりました。
これから夏に向かうことを考えると、3つとも必要性が高いと思われます。
不用品を中心に集め、不足分は寄付金で購入したいと思いますので、
周りの人に声をかけていただけるとうれしいです。